走行距離が10万kmを超えた車は売れないなんてウソです

車の走行メーター車は機械ですから、走行を重ねるたびに各パーツに痛みが生じます。

どんなに品質の良い車であっても、機械である以上やがて各パーツが劣化して動かなくなってしまうときは必ずきます。

車が問題なく使用できるかどうかの目安が10万kmであり、それを超えた車は売却できないので廃車にするしかない、などという話をときどき耳にすることがありますが、本当でしょうか?

実は、10万kmを超えた車が廃車になる運命をたどったのは、はるか昔です。

最近のクルマは非常に品質が良くなっていますので、10万km程度の走行距離で使い物にならなくなるということはありません。

今現在の、あたなのクルマのリアルタイムな最高値の査定額を知るには、以下のような一括査定サイトなどを利用してみることをおすすめします。

かんたん車査定ガイド
http://a-satei.com

走行距離が10万km越えでも高値で売れるクルマ

それでは、実際に10万kmを超えた車がどれくらいで売れているのかについて、実例をあげて紹介してみましょう。

車の買取り価格は、単純に走行距離だけで決まるものでなく、車の人気度合いや年式などにも大きく左右されます。

・10万kmオーバーのトヨタヴィッツの買取り価格

クリーム色のヴィッツまずは、比較的人気の高いトヨタのヴィッツを見てみたいと思います。

走行距離が12万km弱の2005年式ヴィッツRSを8年落ちとなる2013年に売却した事例です。

このヴィッツを3社に査定依頼した結果、30万円、30万円、提示なし、という結果になっています。

1社が提示なしなのは、12万kmという距離にリスクを感じたのか、他の業者の金額を見てから後出しを狙ったのかはよく分かりませんが、2社が30万円という金額を提示していますので、それが相場なのだと思います。

RSという高いグレードであったことも影響しているのでしょうが、12万kmのヴィッツが30万円で売れるのであれば十分ではないでしょうか。

・走行距離14万kmのトヨタアルファードが70万円で売れた事例

こちらは少し古い事例ですが、人気ミニバンであるトヨタのアルファードASの2002年式を2012年に10年落ちで売却したときのものです。

走行距離は約14万kmということで、かなり走り込んでいます。

年式も10年落ちということであれば、まともな査定額が提示されるかどうか不安になるところですが、なんとこのアルファードが70万円で買取りされています。

査定を受けたのは3社で、それぞれ70万円、60万円、50万円の提示額になっています。

最高額と最低額に20万円の開きがありますが、3社ともしっかりと買取り額を提示しています。

10年落ちでなおかつ14万km走行していても、こういった人気車種であれば、想像以上に高額な査定額が提示されるということがお分かりいただけるかと思います。

・走行距離10万kmの10年落ちタントが25万円

シルバーのタント軽自動車の事例を取り上げてみたいと思います。

軽自動車は普通車にくらべて耐久性に不安があると思われがちですが、はたして10万kmオーバーでも売却は可能なのでしょうか?

軽自動車の中でも人気の高い、ダイハツタントの事例です。

2005年式で走行距離がちょうど10万kmのタントを、10年落ちとなる2015年に査定を受けた時のものです。

5社に査定を依頼した結果、25万円、20万円、13万円、13万円、8万円という提示額になりました。

最高額が25万円で最低額が8万円とかなりの開きがありますが、結果的に25万円で売却をすることができたようです。

10年落ちで走行距離が10万kmの軽自動車が25万円で売却できれば十分ではないでしょうか。

一番低い査定額は8万円ですが、もしこの業者1社しか査定を依頼しなかったとしたら、10年落ちで10万kmということで納得してその業者に売却してしまったかも知れません。

このことから、たとえ走行距離が10万kmを超えた車であっても、複数の買取り店に査定をしてもらって比較することで、十分に高く売れる可能性があるということが理解できるかと思います。

タイミングベルト交換の時期との関係

車のエンジンルームかつての車に10万km限界説のようなものがあったのは、実はタイミングベルトの交換時期の問題もあったと思います。

タイミングベルというのは、エンジンンの吸気と排気のバルブを動かすためのカムシャフトを回転させるベルトです。

かつてのクルマはおよそ10万kmごとにこのタイミングベルトを交換する必要がありました。

タイミングベルトを交換せずにそのまま乗り続けていると、突然ベルトが切れてエンジンがまったく動かなくなってしまいます。

吸気と排気のバルブが動かなくなってしまうので当然です。

エンジンが動かなくなるだけならまだいいのですが、走行中にタイミングベルトが切れると、バルブが曲がってしまったり、バルブがピストンに当たってしまうなどしてエンジンを破損してしまうこともあります。

そういったリスクを回避するために、10万kmを超えたらタイミングベルトを交換するというのが当時のクルマのメンテナンスにおける常識でした。

このタイミングベルトを交換するための費用が、メーカーや車種によって異なりますが、3万円~5万円程度かかります。

それほど高額というわけではありませんが、すでに10万kmを走行した車に3万円~5万円の費用をかけてまで乗り続けるべきかどうかという部分が問題になったのでしょう。

そのため「10万kmを超えたら廃車を考える」という風潮が当時はあったのだと思います。

ところが、最近のクルマのほとんどはチェーン駆動になっており、タイミングベルトは使われていません。

もちろんチェーンであってもいずれ寿命はきますが、およそ30万km程度までは大丈夫だといわれており、実質メンテナンスフリーといってもいいでしょう。

そういう意味では、かつてほど10万kmという節目を気にしなくなっているといえると思います。

車の寿命の今と昔を比較

10万kmを超えても廃車にするどころか、驚くような金額で売れることもある昨今のクルマですが、その背景には車の寿命が大幅に伸びているとい点があげられます。

新車登録された車が廃車となるまでの期間が、いまから40年ほど前は約7年でした。

つまり、ほとんどのクルマは10万kmに達するまでに寿命が来て、スクラップになっていたのです。

当時であっても7年程度でエンジンが壊れることは滅多にありませんでしたが、現在とくらべて塗装の技術が低く、5~6年も乗るとボディがさびてしまったり穴が開いてしまったりする車も少なくなかったのです。

そういった事情もあり、当時は10万kmを超えて査定を受ける車などはほとんどなく、乗りつぶしか廃車という選択肢しかなかったのだと思います。

それに対して、いまのクルマは長持ちです。

平成26年のデータですと、車の平均寿命は約13年になっています。

つまり、10年落ちで走行距離10万kmを走った車であっても、平均寿命まで残りあと3年もあるわけですから、査定額が提示されるのは当たり前なのです。

かつてよく言われた「走行距離が10万kmを超えた車は売れない」という言葉は、現在では真っ赤なウソであることがお分かりいただけたかと思います。

かんたん車査定ガイド
http://a-satei.com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする