親が亡くなったあとに車を売るにはどんな手続きをすればいい?

封書と車の鍵不幸にも自分の親などが亡くなって、生前に乗っていた車を処分することになるケースがあると思います。

そういった場合に、自分が名義人ではないにもかかわらず、簡単に車を売ることは出来るのでしょうか?

もしそれが高級車であった場合には、相続などの問題も複雑に絡んできそうです。

親の名義の車を売るためには、どういった手続きが必要になるのでしょうか?

具体的に解説してみたいと思います。

亡くなった人の車を売るのは意外に面倒です

結論から言ってしまえば、亡くなった親の車を売却することは可能です。

しかし、相続なども絡んでくることになりますので、手続きはなかなか面倒になることが多いようです。

自分の所有するものではない車を売却するためには、名義変更が必要になるのですが、元の所有者が生きている人であれば「印鑑証明書」「譲渡証明書」「委任状」の3種類の書類を用意してもらうことで簡単に手続きできます。

しかし、所有者が亡くなってしまっている場合には、そう簡単にはいきません。

なぜなら、車は相続人の共有財産となりますから、それを売却するためには事前に「遺産分割協議書」を作成し、相続する権利のある人全員に実印を押してもらう必要があります。

また、それぞれの方との関係を証明するために、全員の戸籍謄本が必要になります。

それらの書類をもとに、相続対象者の中の誰かにその車を相続させる形にして、新たなクルマの名義人となってもらうわけです。

名義の変更さえ済んでしまえば、あとは普通に車を売るときの要領で、買取り業者などにお任せすればすべての手続きを代行してくれます。

かんたん車査定ガイド
https://a-satei.com

相続する権利を有する人が全員近くに住んでいればいいのですが、離れ離れになって生活しているような場合だと、印鑑を押してもらうだけで大変な手間になってしまうことでしょう。

他にも遺産があり、相続に関して対象者が集まって話し合う機会などがあれば別ですが、ただ車を売るためだけのためにわざわざ遠方より集まってもらうなどというのは、あまり現実的ではありませんね。

しかし、車が高級車であったりしてそれなりの資産価値がある場合には、面倒でもなんとかこれらの手続きを済ませる必要があります。

亡くなった親のクルマを廃車にするときの手続きは?

積み上げられた廃車では、車にほとんど資産価値がなく、廃車にする場合はどうでしょうか?

こちらの場合には、基本的に面倒な「遺産分割協議書」は必要ありません。

「遺産分割協議書」が必要になるのは、車の価値が100万円以上あると判断される場合に限られるからです。

廃車にする予定のクルマの価値が100万円以上あるというのは考えにくいので、廃車の場合には「遺産分割協議書」は必要ないということになります。

その代わりに「遺産分割協議成立申立書」というものが必要になりますが、こちらは相続の代表者の署名捺印だけで作成が可能なのでそれほど手間がかかりません。

「遺産分割協議成立申立書」と所有者が亡くなったことを証明する書類(除籍謄本)、そして廃車(永久抹消)を申請する人が間違いなく相続人であることを証明する戸籍謄本が必要になりますが、あとは通常の抹消登録と同じ手続きをすれば問題ありません。

廃車の手続きが面倒だからといって抹消登録をせずにそのまま放置をしておくと、毎年5月に自動車税を払わなければならなくなってしまいますので、注意が必要です。

廃車買取は安心サービスの車買取カーネクスト

遺産分割協議書が必要なくなるちょっとした裏技

100万円以上の価値のある車を処分するには、どうしても面倒な「遺産分割協議書」を作成しなければならないのでしょうか?

実はちょっとした「裏技」があるのです。

それは、死亡届を提出する前に車を売却してしまうという方法です。

死亡届というのは、亡くなってから14日以内に手続きをすればいいことになっていますので、それまでに車を売却してしまえばいいことになります。

印鑑と書類死亡届を提出する前であれば、亡くなった方の実印と印鑑証明を使って、通常と同様に名義変更ができるようです。

死亡届を提出してしまうと、名義人の印鑑証明を取得することが出来なくなってしまうので、このやり方で名義変更をすることは出来なくなってしまいます。

印鑑証明が取得できて名義変更さえ行ってしまえば、あとは通常の車の売却と同じ手順で手続きを進めればいいわけです。

ただし、これはあくまで裏技的なやり方であって、他の相続人の方と事前によく相談してから実行に移さないと、あとになってもめることにもなりかねません。

特に高級車などの場合には資産価値も高いですから、勝手に売却をしてしまうとトラブルに発展する可能性もあります。

もしそういう方法をとるのであれば、あくまでも自己責任で行うようにしてください。

kantansatei_300_250

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする