ワンオーナーのクルマはなぜ買取り価格が高くなるのでしょうか?

手のひらにのった赤いミニカー新車で購入されてから一人のオーナーのみにずっと乗り続けられてきた車をワンオーナーカーといい、買取りの際に評価が高くなるといわれています。

同じ車種で年式や走行距離がほぼいっしょの条件であるにもかかわらず、なぜワンオーナーのクルマは複数の人に乗り継がれてきた車にくらべて買取り価格が高くなるのでしょうか?

ここでは、その理由について考えてみたいと思います。

ワンオーナーのクルマは丁寧に乗られてるものが多い?

ワンオーナーのクルマは、確かに査定を受けるときに有利になる傾向にあるようです。

実際に、カーオークションの会場などでも「ワンオーナー車」だけのコーナーがあるくらい、特別扱いされています。

実際に、状態の良いワンオーナーカーであれば、オークションで競りあがることも珍しくないようです。

それでは、ワンオーナーの車には複数のオーナーを経由してきた車とくらべて、どこにアドバンテージがあるのでしょうか?

よく「ワンオーナーカーは丁寧に乗られてきた車が多い」などとトンチンカンなことをいう人がいますが、これはまったくのデタラメです。

kantansatei_300_250

複数のオーナーを経由した場合、確かに過去にどのような人に乗られてきたのか分からない(乱暴な運転をする人に乗られてきた可能性もある)ということなのでしょうが、それはワンオーナーカーであっても同じことです。

確かにその車を新車で購入したオーナーが、メンテナンスをしっかりとしながらずっと大切に乗ってこられるというケースもあるでしょう。

しかし、それとは逆に新車で購入したオーナーが、ろくにメンテナンスもせずひどい乗り方をずっとしてきた、というケースだってあるわけです。

ひどい乗り方をするオーナーに長い間ずっと乗られてきたということであれば、複数のオーナーを経由したクルマよりもむしろマイナス評価になってもおかしくないといえます。

車の履歴がはっきりと残っているということがメリット

車の状態を確認する整備士ワンオーナーの車が評価をされやすいというのは、実は新車で購入されたときからの履歴がしっかりと残っている可能性が高いからなのです。

新車で購入して、一人のオーナーがずっと乗り続けてきた車であれば、メンテナンスをしたときの記録を残す整備手帳なども現存していることが多く、どのような乗り方をされて来たのかということが、ある程度想像できるわけです。

中古車の売買において、もっとも注意をしなければならないのがメーター改ざんによる走行距離のごまかしです。

複数のオーナーを経由する間に整備手帳を紛失してしまった車の場合、走行距離を含めた過去のメンテンス記録が残っていないために、メーター改ざんをされやすくなってしまうのです。

仮にメーターが改ざんされていなかったとしても、整備手帳がないということであれば疑いをもたれる可能性はあるわけです。

メーターに表示されている走行距離の割には車の状態があまり良くないというような場合には、真っ先にメーター改ざんが疑われてしまうでしょう。

その点ワンオーナーの車であれば、メーター改ざんの可能性はほぼないですし、整備手帳をみればメンテナンスの記録も分かるので、買取りをする側にしてみれば安心できるというわけです。

参考記事:二重車検でメーター改ざん車を売る詐欺師の手口とは?

実は中古車市場にはワンオーナーカーが多い?

かつては、新車を購入してから3年とか5年で買い替えをする人も少なくなかったのですが、最近では買い替えまでのスパンが長くなっているようです。

新車で登録してから買い替えをするまでの期間が、最近では平均8年ほどになっているようです。

つまり、8年落ち程度までの車であれば、ほぼワンオーナーカーである可能性が高いということになります。

そう考えると、ワンオーナーのクルマが査定に有利というよりも、ワンオーナーじゃない車が査定に不利になると考えた方がよさそうです。

特に整備手帳などのメンテナンス記録が残っていなかったりすると、間違いなくマイナス評価になってしまうことでしょう。

かんたん車査定ガイド
https://a-satei.com

本当の意味で価値のあるワンオーナーのクルマとは?

中古車市場に出回っている車の多くはワンオーナーの車であり、かつてほどワンオーナーカーのありがたみを感じなくなっているというのが現実ですが、間違いなく高い評価を受けるに違いないであろうワンオーナーカーがあります。

それは、昭和の時代に活躍した、いわゆる「名車」と呼ばれるマニアックなクルマです。

たとえば「トヨタ2000GT」とか「ホンダS800」などマニアの間で人気の高い車が、もしワンオーナーカーで、長い間ガレージに保管してあって状態が非常に良いものであったりしたら、とんでもなく高い評価がつくに違いありません。

何十年も前の車ですから、多くの人がワンオーナーのクルマは存在しないと考えているわけですから、もし存在すれば「とんでもないお宝」ということになるわけです。

イエローのトヨタ2000GTちなみに、2013年にトヨタ2000GTが米国で行われたオークションで、約1億2000万円で落札されたことで話題になりました。

ワンオーナーのクルマであったかどうかは定かではありませんが、非常に状態のよいトヨタ2000GTであったことは間違いないようです。

いずれにしても、われわれ庶民にとってはまったく関係のない話ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする