オークション代行を利用して車を売るのはお得か?

たくさん並んでいう車車を売る方法の1つにオークション代行を利用するやり方があります。

オークションといってもネットオークションではなく、業者が全国の会場に集まって中古車を出品したり落札して購入したりする、いわゆる中古車オークションのことです。

このオークションにあなたの車を出品してくれる、オークション代行業者が存在します。

一般に中古車買取店に売るよりもオークション代行を利用した方が高く売れるといわれますが、実際のところはどうなのでしょうか?

そもそも中古車オークションとは

中古車オークションといっても、一般の人はピンとこないと思います。

業者同士が車の売買するための会場なので、一般の人がそういった会場を利用することはありませんし、存在すら知らない人も多いでしょう。

買取店やディーラーと中古車販売店の橋渡し

買取り店やディーラーが引き取った車を販売するのは、中古車販売店になります。

買取り店やディーラーの中には自社で店舗を構えて販売まで行っているところもありますが、中古車の流通全体から見れば少数派といえるでしょう。

そのため、中古車を引き取る側と販売する側の橋渡しをするのが、中古車オークションということになります。

こうした中古車オークションを主催する団体はいくつも存在しますが、その多くがネットでの応札が可能になっています。

かんたん車査定ガイド
http://a-satei.com

会場ではさまざまなトラブルも

中古車オークションに出品される中古車は、基本的に検査員がチェックすることになっていますが、これがほとんどザルに近いような会場もあります。

そのため、あえてチェックの甘い会場を選んで、明らかに不備のある車を申告せずに出品してしまうような悪質な業者も多いようです。

また、こういったオークション会場で車の売買をする際に注意しなければならないのが、メーターの改ざんですので、一応会場でチェックはされます。

車内パーツの盗難しかし、チェックといっても過去のオークションの出品履歴と照らし合わせて、前回の出品時よりも走行距離が減っていないかどうかを見るだけですので、かなりアバウトです。

当然、新車で購入した車を初めてオークションに出品する際にはチェックができません。

また、オークション会場では、カーナビなどのパーツの盗難がよく発生するようです。

容易に取り外しが可能なパーツに関しては、あらかじめ取り外しておくなどの対応が必要になるでしょう。

車のシフトノブが盗まれたなどという、あり得ないような話も実際にあるようです。

オークション代行を利用することのメリットとデメリット

中古車オークションには、基本的には会員となっている業者しか参加できませんので、一般の人が利用するには、オークション代行業者を使うことになります。

オークション代行業者は、依頼者から手数料をもらうことで、依頼者に代わって中古車オークションに出品を代行してくれるわけです。

買取店やディーラーとくらべてお得になるのか?

買取り店やディーラーに車を引き取ってもらった場合でも、基本的には中古車オークションを利用して車を流通させることになります。

それに対して、個人が代行業者を利用してオークションに出品した場合、買取店やディーラーがあなたからの買取り価格に上乗せしている経費や利益を計上する必要がないので、高く売れる可能性が高くなるわけです。

ただし、オークション代行業者もボランティアではありませんから、出品にあたって手数料が必要になります。

要するに、買取店やディーラーがあなたに支払った金額に上乗せする分よりも、オークションの代行手数料が安くなければ意味のないことになってしまいます。

車によっても異なりますが、一般に買取店やディーラーはあなたからの買取り価格に会社の経費や利益として10万円程度を上乗せして出品しているといわれています。

それに対して、オークション代行業者はトータルで6万円~7万円程度の手数料が必要になります。

ある中古車オークション代行業者の、車を売却する際の料金の内訳は以下のようになっています。

●オークション出品代行料:35,000円
●オークション出品料:15,000円
●成約料:15,000円
●陸送費用:10,000円~

1回の出品で落札されなかった場合は、これにプラスしてさらに再出品料として15,000円かかります。

これらを総合的にみてみた場合、オークション代行業者を利用した場合は、買取店やディーラーに買取りをしてもらうよりも、多少は車が高く売れる可能性が高いということがいえるでしょう。

しかし、その差額は数万円であり、はたしてそれが魅力的なメリットになり得るかどうか疑問です。

オークション代行業者を使うデメリットもあります

オークション代行業者に出品を依頼することには、デメリットもあります。

それは、あなたの車が必ず落札されるかどうかはわからないということです。

不人気車や過走行車などは、なかなか落札されないことも多いようです。

もし初回出品で落札されなければ、何度も再出品を繰り返すことになりますが、その場合は再出品料をその都度代行業者に支払わなければならなくなり、結果的に買取店やディーラーに引き取ってもらった方がお得になる可能性もあるわけです。

また、実際に車が落札されるまで代金を受け取ることが出来ないために、売却代金を次の車の頭金にしようなどと思っている人にとっては、予定が立たずに困ってしまうことになるでしょう。

中古車のオークション代行を利用するのであれば、人気車種でなおかつ走行距離もそれほど走っていないような、すぐに落札されそうな車種に限定したほうがリスクは少ないと思われます。

また、めったにあることではありませんが、オークション会場で車を持ち逃げされたりすることもあるようなので、そういったリスクもあるということを頭に入れておくといいでしょう。

あくまでも、人それぞれの考え方があるので一概にいえませんが、オークション代行を利用するかどうかは、車を数万円程度高く売るために、どれだけのリスクをとれるかどうかだと思います。

実際には、以下のようなネット上の一括査定サイトなどを利用して複数の買取り店に査定をしてもらった方が、結果的に車を高く売ることが出来るケースが多いようです。

かんたん車査定ガイド
http://a-satei.com

kantansatei_300_250

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする