高く売れる車の色と人気の傾向の色を検証

カラフルな車車が高く売れるかどうかを決める要因にはさまざまなものがありますが、意外に色が重要な要素だったりします。

車の色には好き嫌いがありますから、当然ながら多くの人が好む色の車は人気ですし、高く売ることも可能となります。

ここでは、車の色の違いによって買取りや査定にどれだけ影響するかを考えてみたいと思います。

車の色別に見る人気とニーズ

車の色の人気度合いは、年代によって変わってきます。

最近では、特に白が人気になっているといわれます。しかし、だからといって白い車を買っておけば将来のリセールバリューが高くなるとは限りません。

あなたが車を売る頃には、別の色が人気になっているかも知れないからです。

一方で、いつの時代においても、当たりはずれのない無難な色というものも存在します。

ここでは、時代に左右されない車の色別に人気の度合いやニーズについて考えてみたいと思います。

白と黒は当たりはずれのない一番無難な選択

白い車車の色の中でも、流行に左右されることなくつねに一定の人気のある色として、白と黒が挙げられます。

特に最近は白が人気になっていますが、この色はいつの時代においても安定的に人気のある色となっています。

バブル時代にハイソカーブームがあった時に、白いクラウンやマークⅡの人気ぶりは異常でした。

これらの車種で白以外の車を見つけるのが困難だったほどです。

白や黒の車は、個性的はでないという人もいますが、むしろ個性的じゃないからこそ無難な色としてニーズがあるのだと思います。

個性的であるということは、すなわち好き嫌いが分かれるということでもあります。

将来的に車を高く売りたいと考えている人は、とりあえずは白か黒を選んでおけば、いつの時代においても査定で不利になることはないと思っていただいて結構です。

ただし、黒の場合は汚れが目立つというデメリットがあります。

イメージ的には、黒よりも白い車の方が汚れが目立つ感じがしますが、実は黒い車の汚れが一番目立つのです。

なぜならボディーに付着する砂埃は、黒ではなく白っぽいからです。

黒いボディーに白い汚れは目立つのです。

割と人気の高いパールとメタリック

車の色は大別して「ソリッド塗装」「メタリック塗装」「パール塗装」の3つに分けられます。

ソリッド塗装とは、いわゆる単色のことで、白や青などのそのままの色で塗られた状態です。

メタリック塗装というのは、塗料の中に細かなアルミ片を混ぜて吹き付けたもので、キラキラとメタリック調に輝くのが特徴です。

メタリック塗装の場合には、仕上げに必ずクリアー塗装が施されます。

メタリックの塗料を吹き付けたままにしておくと、アルミ片が空気に触れて酸化することでサビの原因になるので、その上に透明な塗料でコーティングするわけです。

メタリック塗装を指定すると車の価格が高くなるのは、塗装の工程が1つ多くなっているからです。

メタリック塗装が細かなアルミ片を混ぜた塗料を吹き付けるのに対して、パール塗装は雲母(マイカ)の微細な粒をまぜて吹き付けます。

そうすることによって、真珠のような独特で高級感のある仕上がりになるわけです。

パール塗装の場合も、仕上げにクリアー塗装をすることになりますので、手間がかかる分この色を指定すると車両価格が高くなることが多いようです。

車の買取り市場においては、昔からソリッド塗装よりもメタリックやパール塗装の車が高めの査定をされることが多いようです。

こういったパールやメタリック塗装の車は、新車で購入するときに車両価格も高めですが、その分中古車市場においても有利であるということが言えるわけです。

車の状態がまったく同じであると仮定した場合、ソリッド塗装にくらべてメタリックやパールであれば数万円高く売れる可能性が高くなります。

安定した人気のある灰色系の車

白や黒の車と並んで、無難な色という点で安定した人気があるのがシルバーメタリックやガンメタリックなどの灰色系の色です。

シルバーの車なんといっても落ち着いた色ですし、飽きがこないで長く乗れるという点も安定的に人気がある理由なのでしょう。

また、灰色系の特徴としてあまり汚れが目立たないというメリットがあります。

車に付着する砂埃の色とちょうどマッチングする色が、ガンメタリックやシルバーメタリックなどの灰色系なのでしょう。

面倒くさがりで、なかなか車の掃除をしない人には好都合な色といえるかも知れませんね。

また、名前の通りメタリック塗装なので、これを灰色と組み合わせることで、落ち着きと高級感を感じさせる色になっています。

ちょっと派手目な色はどんな評価?

とにかく目立ちたいという人が選びがちな派手な色ですが、車を売る際の評価という点ではなかなか厳しい傾向にあります。

そのような色は、目立つ反面どうしても人によって好き嫌いが分かれてしまうからです。

そこが落ち着いた雰囲気の白や黒、灰色系と根本的に違う部分になります。

そんな中でも、特に冒険的といえるのが黄色や紫などの色です。

確かに目立ちますが、万人受けする色ではありませんので、どうしてもニーズは限られてしまいます。

同様にオレンジやベージュなども、実際に買うとなるとかなり勇気のいる色であるといえます。

さらに、ピンクとなると本当にユーザーが限定されてしまいます。

確かにピンクの軽自動車などは可愛らしく、若い女性には支持されそうですが、ニーズ的には性別や年齢及び嗜好がかなり限定されてしまいますので、買取りをする業者にしてみればかなり慎重にならざるを得ないでしょう。

一般的に買取り業者などの中古車を扱う業者は、車がさばけずに在庫となることを極端に嫌います。

「こんな色の車を仕入れてしまって、もし売れなかったら在庫になってしまう」

そんな思いが頭をよぎって、どうしても査定額を低くせざるを得なくなってしまうのです。

青や赤などであれば、そこそこニーズはある?

青や赤の車も、若い人を中心に人気のある色です。青は男性に、赤は女性に好まれる傾向があるようです。

走行中の赤い車ただし、これらの色も決して万人受けする色とはいいがたいために、白や黒などとくらべると、査定においては若干不利になることでしょう。

フェラーリのように、赤がイメージカラーの車であれば、逆に赤以外は売れないということも起こりえますが、一般の車で赤というのは乗るのに結構勇気がいるものです。

ちなみに青い車は、車体の色別事故ランキングで1位になっています。

つまり、青い車は事故を起こしやすいということです。

事故全体に占める青い車の割合は、なんと25%になり、事故を起こす車の4台に1台が青い車ということになります。

一方で黒い車の割合はわずか4%となっています。

黒というと、特に夜間などは闇にまぎれてしまって発見されにくいイメージがありますが、意外にも事故の起こる確率は低く、青の6分の1程度となっています。

トヨタアクアの色別にみる査定の評価

ある買取り業者の資料をもとに、代表的な大衆車であるトヨタアクアの色別の査定評価をみてみましょう。

査定額高め:パールホワイト・黒
やや高め:シルバー
普通:赤・グレー
低め:ブルーメタリック・オレンジ・イエロー

これを見てもわかるように、白や黒が高評価になっています。

そして、それについでシルバーやグレーが高査定となっています。

また、トヨタアクアのように若者や女性に人気のコンパクトカーであっても、オレンジやイエローは査定額が低めとなってしまうようです。

アクアの買取り価格の参考記事:トヨタアクアの買取り相場はどれくらい?~年式や走行距離で比較

高級車レクサスにみる色別販売台数

日本を代表する高級車であるレクサスは、いったいどんな色が売れているのでしょうか?

2013年に一番売れているレクサスの色は、やはり高級車らしく白です。

なんとレクサスの販売台数の50%を白が占めています。

次に売れているのがシルバー(グレー含む)で、全体の18%です。

それに黒の16%が続きます。

それ以外の色はぐっと販売台数が少なくなっており、ブルー(5%)、レッド(4%)、その他(6%)となっています。


実際の車の買取り価格に関しましては、以下のような一括査定サイトを利用してみるといいでしょう。

かんたん車査定ガイド
http://a-satei.com

kantansatei_300_250

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする