ホンダフィットを売る~5年落ちと10年落ちの買取り価格や下取り相場を実際の査定額で検証

ホンダフィットと青空コンパクトカーの中でも、特に高い人気を誇っているのがホンダのフィットです。

フィットは人気車種ゆえに、売却をする際には高額査定の期待できる車です。

これからホンダフィットを売る予定のひとは、自分の車がどれくらいの値段で売れるのか気になるところでしょう。

ここでは、ホンダフィットの実際の買取り相場について、実例を具体的にいくつか紹介してみたいと思います。

5年落ちのホンダフィットの買取り相場はどれくらいなのか?

ホンダフィットの2017年現在の大まかな買取り相場は以下になります。

・7年落ち…27万円~60万円
・6年落ち…40万円~73万円
・5年落ち…57万円~92万円
・4年落ち…80万円~117万円
・3年落ち…94万円~128万円

実際のフィットの買取り価格は、グレードや走行距離、クルマの状態などで大きく変わりますので、これらの金額はあくまでも目安と考えて下さい。

あなたのフィットのリアルな査定額を知るには、以下のような一括査定サイトを利用してみるといいでしょう。

かんたん車査定ガイド
http://a-satei.com

車というのは、車検の切れ目で売ることが多い傾向にあります。2回目の車検にあたるのがちょうど5年落ちのときです。

5年落ちのフィットの買取り相場がどれくらいなのかを、実際の査定の事例をみていきましょう。

4社比較でなんと査定額に20万円の開きが!

5年落ちで、走行距離が5万キロのホンダフィット1.5RSを、4社の買取り店に見積もりをしてもらった時の例を紹介してみたいと思います。

ガリバー・アップル・ビッグモーター・オークショントレードの、4社からもらった見積もりは、一番高いところが50万円で一番低いところが30万円という金額でした。

なんとその差は20万円です。なぜそれほどの差がついてしまったのかは不明ですが、5年落ちで走行距離が50000kmということであれば、特に過走行ということでもありませんので、30万円というのは安すぎだと思います。

他の2社が45万円の提示をしていたことから45万円から50万円というのが、本来の相場なのではないでしょうか。

やはり、車を高く売ろうと思ったら、一括査定サイトなどを利用して複数の業者を比較することがポイントだといえるでしょう。

1.3Gのスマートセレクションがやはり20万円の差

青色のフィットの後ろ側先ほどは、スポーツタイプの1.5RSでしたが、今度は1300ccのベーシックグレードである1.3G スマートセレクションを2社で比較した買取り価格です。

オートトップスとカーチスの2社からもらった見積もりは、1社が70万円、もう1社が50万円でやはり20万円の開きがでました。

5年落ちということを考えますと、いくらホンダフィットの人気が高いといってもベーシックグレードで70万円の買い取り額というのは破格ではないでしょうか。

5年乗ったにもかかわらず走行距離が35000kmと少なめだったことが、好印象だったのでしょうか。

走行距離は、一般に1年あたり10000kmが査定の基準のようですので、それよりも少ない場合にはプラス査定となることが多いようです。

5年落ちで65000km走行したフィットの査定相場は40万円~35万円?

先ほどと同じく、1300ccのベーシックグレードである1.3G スマートセレクションを4社から見積もりを取った時の買い取り価格を比較してみましょう。

先ほどは、35000kmと走行距離が少なめでしたが、今度は65000kmとやや距離が延びている車の買取り価格になります。

カーチス・CarLine・BELLY CARS・ビッグモーターの4社を比較した結果、40万円を提示してきた2社と35万円を提示してきた2社に分かれました。

5年落ちで、多少距離が延びてしまっているフィットの場合、40万円から35万円が買取りの相場であることがわかります。

先ほどの例と比べた場合、やはり走行距離が査定に影響する割合は少なくないという印象を受けます。

15万キロ走行した1.5RSの場合の買取り価格

こんどは、走行距離が極端に伸びたホンダフィット1.5RSの例をみてみましょう。

5年落ちで、走行距離が15万キロですから、かなりの過走行車ということになります。

標準とされる1年1万キロの目安から考えると、約3倍も走行してしまっていることになります。

この車の場合、4社に見積もり依頼をしたのですが、実際に金額を提示してきたのはアクシス1社のみで、金額は12万円でした。

やはり過走行車はリスクがあるということで、他社は敬遠してしまったのでしょうか?

しかし、過走行による車の価値の目減りの仕方は激しいものがあります。

わずか5年で買い取り額が新車の10分の1になってしまったことになります。

車の査定においては、特に10万キロをオーバーした車の評価が厳しくなる傾向にあります。

10年落ちのフィットの査定額はどれくらいが相場なのか?

赤色のフィットかつては10年落ちの車には、ほとんど価値がないとの判断をされました。

そのため10年以上乗った車は、乗りつぶすか廃車にするという選択しかありませんでした。

しかし、ホンダフィットのような人気のあるコンパクトカーの場合、10年乗ってもしっかりと査定額を提示してもらえるケースが多くなっています。

2社の比較で買取り額の差額はなんと10倍!?

10年落ちで走行距離がおよそ10万キロのホンダフィットの、買取価格を2社で比較した事例です。

ジャックとビッグモーターで見積もりをもらった結果、1社は10万円の買取り額を提示してきましたが、もう1社の買取り額は1万円でした。

なんと、その差は10倍です。

確かにフィットは人気のあるコンパクトカーですし、10万キロという走行距離も年式相当ですが、さすがに10年落ちともなると買取りにリスクを感じる業者もいるようです。

この例を見てもわかるように、車の買取り業者を選ぶ際には、1社だけではなく数社から見積もりをもらうのがセオリーとなりますし、この例ですと10万円であれば躊躇せずに売ってしまっていい提示額だと思います。

10年落ちで走行距離が6万キロのフィットの査定額が15万円

10年落ちのフィットで、比較的走行距離が少なめの場合の事例を紹介しましょう。

グレードは1300ccのA(CVT)で、ハナテン・アップル・地元の車屋さんの3社で比較した結果、一番高いところが15万円で一番低いところは0円でした。

走行距離的には6万キロほどなので、10年落ちの車としてはだいぶ少ない方なのですが、やはり10年落ちの車ということでリスクを感じて0円で提示をしてくる業者もあるようです。

しかし、フィットが人気のある車種である点と、走行距離が少ないという点を評価して10年落ちににもかかわらず15万円で買い取ってくれる業者もいるわけですね。

10年落ちにもかかわらず25万円で売れたフィットの事例

ゴールドのFit10年落ちのホンダフィットが25万円という高値で売れた事例です。

グレードは1500ccの1.5T(CVT)で、走行距離は8万キロ弱です。

この車を6社に見積もり依頼した結果、4社は金額を提示せず2社から回答がありました。

その結果1社が25万円、もう1社が10万円という結果になりました。

4社が金額を提示してこなかったということは、やはり10年落ちの車にリスクを感じているということなのでしょう。

そして、金額を提示してきた業者の金額も15万円の開きがあります。

走行距離は8万キロ弱なので、年式から考えると多少少なめですが、それでも10年落ちのフィットに25万円の提示額は破格だと思います。

その業者は、どうしてもそのフィットを手に入れたい特別な事情があったのかもしれません。

このような金額を提示されたならば、迷わずに売却で正解だと思います。

10年落ちの古い車でも複数の業者を比較することで、このような買取り金額が提示される可能性がありますので、以下のような一括査定サイトなどを利用してなるべく多くの業者に査定をしてもらうのが正解だといえます。

かんたん車査定ガイド
http://a-satei.com

3年落ちのフィットだとどのくらいの相場で売却できるのでしょうか?

2回目の車検のタイミングとなる5年落ちと、売却をするか乗り潰すかで迷う10年落ちについて買取り価格の事例を紹介してみましたが、最初に車検が切れるタイミングとなる3年落ちの場合はどうなのでしょうか?

ここでは、3年落ちとなるホンダフィットの買取り価格の実例をいくつか見ていきたいと思います。

走行距離2万5000kmの13G・Lパッケージが107万円

ブラックのフィットこちらは、2013年登録のホンダフィット13G・Lパッケージを3年落ちとなる2016年に売却したときの事例になります。

売却地域は新潟県で、ボディーカラーはブラックとなっています。

走行距離は2万5000km弱となっており、年式の割には若干ながら少なめとなっているようです。

オーナーさんは60代の男性のため、おそらく丁寧に乗られた優良な車両であることが想像できます。

このホンダフィットを3社に査定依頼をした結果、最高値を提示した買取り業者の金額は107万円でした。

フィットの13G・Lパッケージは、新車の販売価格が156万2000円ですから、3年落ちでの買取り価格が107万円というのは、十分に納得のできる高額査定額ということができるでしょう。

フィットは人気車種ですから、年式の浅い車であれば、売る側としてはかなり強気で交渉できそうです。

3年落ちで走行距離が4万5000kmの13Gの買取り価格が60万円

こちらの事例は、2012年式のホンダフィット13Gを2015年に売却したときのものです。

売却地は、こちらも先ほどの事例と同じく新潟県になります。

こちらのフィットは、走行距離が4万5000km弱と、3年落ちにしてはかなり走っていることと、モデルチェンジ前の型であったために、査定額はそれほど高い金額にはなりませんでした。

2社に査定をしてもらった結果、どちらもちょうど60万円という金額を提示しているようですので、おそらくこれが相場なのでしょう。

オーナーが30代の男性だったことと、クルマがメインの交通手段といえる新潟という土地柄ゆえ、走行距離的にはどうしてものびてしまうようです。

モデルチェンジ前の型であったことと、走行距離が査定の標準となる距離のおよそ1.5倍程度走っていたということが、3年落ちであるにもかかわらず60万円と査定額が伸び悩んだ理由かと思われます。

走行距離1万km弱と少ないRSの買取り額が125万円

こちらの事例は、2012年式フィットのRS(マニュアルミッション)を、3年落ちとなる2015年に売却したときのものになります。

オーナーは20代の男性の方で、売却地は東京都になります。

ボディーカラーはイエローとなっています。

この車の特徴は、3年落ちにもかかわらず走行距離は1万kmに満たないという点です。

グレード的にも、もともと価格の高いスポーツ仕様で1500ccのRSとなっています。

5社に査定を依頼した結果、一番高い1社が125万円で、残りの4社がすべて同額の110万円となっています。

この残り4社が同額というのは、たまたま偶然なのか談合なのか分かりませんが、125万円の業者が1社あったことにより結果オーライとなっています。

2012年式となりますので、モデルチェンジ前の型にはなりますが、RSはもともと新車価格が174万円と高いのと、走行距離が1万km弱と3年落ちにしては非常に少ないという点が、125万円という高額査定につながったものと思われます。

オーナーが東京在住ということもあり、通勤などに使用されることがなかったために、必然的に走行距離が少なかったのでしょう。

7年落ちのフィットの査定額を実際の事例で比較してみましょう

シルバーのFit最近は、新車を購入したオーナーが買い替えをするまでの期間が、かつてにくらべて長くなっているようです。

最初の車検や2回目の車検のタイミングとなる、3年落ちや5年落ちよりも、3回目の車検となる7年落ちで売却する人が多くなっているようです。

ここでは、実際に7年落ちのホンダフィットがどれくらいの値段で売れるのかについてみていきたいと思います。

7年落ちで走行距離が1万5000kmのホンダフィット13Lの買取り価格

こちらは、2008年に登録をしたホンダフィット13Lを、2015年に売却したときの7年落ちの事例です。

オーナーは50代の男性で、東京に在住の方です。

ボディーカラーはイエローとなります。

このフィットは、7年落ちにもかかわらず走行距離が1万5000kmと非常に少ないのが特徴です。

やはり東京在住の方ですと、クルマに乗るのは休みの日だけとなるケースが多いので、走行距離は少なくなる傾向にあります。

このフィットに対して4社が提示した買取り価格は、60万円、42万円、35万円、30万円という結果になりました。

一番安い業者と一番高い業者に、30万円もの差が生じています。

こういった結果を見てしまうと、1社だけにしか査定を受けないというのは、非常にリスクが高いといえるでしょう。

結果的に、4社に査定をしてもらったおかげで、7年落ちにもかかわらず60万円で売却することができたわけです。

7年落ちで走行距離が7万kmのフィットを5社比較した結果

こちらは、2008年式のフィット13Lを7年落ちとなる2015年に、5社に査定をしてもらった事例になります。

オーナーは40代の男性の方で、売却地域は奈良県になります。

ボディーカラーはブルーとなっています。

走行距離は約7万km弱となっていますので、ほぼ年式相応の距離といえると思います。

このフィットに対する5社の査定結果は、44万8000円、28万1000円、25万円、25万円、24万1000円となりました。

一社だけが44万8000円と飛びぬけて高く、残りの4社は20万円台の提示になっています。

この結果をみると、おそらく相場的には25万円程度のクルマなのだろうと思われます。

しかし、5社に査定をしてもらったことで、44万8000円という相場以上の金額で売却に成功しているわけです。

最安値との差は20万円以上となっています。

こういった比較をせずに、1社だけに査定をしてもらって最安値近辺で売却をしてしまうということは、本当にもったいない話です。

以下のような一括査定サイトを利用すれば、5社程度の比較をするのはそれほど手間のかかることではありせんので、車を売却予定の人はぜひ利用してみるといいでしょう。

かんたん車査定ガイド
http://a-satei.com

まとめ

このように、ホンダフィットの場合には10年落ちであっても十分に評価をしてくれるということがお分かりかと思います。

しかし、年式の古い車になればなるほど、その評価は買取り業者によって大きく異なるということも事例から読み取れます。

いくつかの買取り業者を比較してみて、1社だけポンと高い買取り価格を提示してきた場合には、そのタイミングで高く買取りをしたいなんらかの理由があると思われるので、すぐに売却を決めてしまった方が賢いといえます。

そのタイミングを逃してしてしまうと、あとでそのお店に持ち込んでもその値段で買い取ってもらうことが出来なくなっている可能性が高いからです。

一方、5年落ちのフィットであれば、走行距離や車の状態にもよりますが、いくつかの買取り業者を比較することで50万円以上での売却も十分可能性あることが分かります。

ぜひ、あなたがフィットを売る際の参考にしていただければと思います。

kantansatei_300_250

ホンダフィットの公式サイト:http://www.honda.co.jp/Fit/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする